投稿

Upsala-Ekeby 3

イメージ
1886年、Upsala-Ekeby AB(ウプサラ・エーケビー)は、スウェーデンの古都ウプサラ西部郊外に創業しました。初期、埋蔵された粘土によるタイル・レンガ生産から始まり、1900年に入ると、展示会に出品した「タイルストーブ」が注目を集め、次第に家庭用ストーブの耐熱タイル生産で業務を拡大。近隣の同業他社の買収を進め、一時はスカンジナビア最大のレンガ・タイルメーカーにまで成長しました。 ところで「タイルストーブ」といっても今や馴染みは薄く、北欧の古いレジデンスを訪ねると、部屋の片隅に、使われず鎮座した円筒状の炉を見かけることがある程度です。 一般的な暖炉の類は、煙突から立ち上る煙とともに熱量が8割方放出されてしまうのに対し、「タイルストーブ」は燃焼室の上に煙道を複雑に巡らす構造によって、室内を効率よく暖め、木材燃料が不足ぎみの北欧では格好の熱源となりました。 スウェーデンでは「kakelugn(カーケルン)」と呼ばれ、発祥は6世紀イタリア。「鍋」を意味するラテン語caucellusを語源とし、14世紀バルト海沿岸に広がるハンザ同盟諸都市を介しスウェーデンに伝播。その後、国内での国を挙げての改良と、都市化の流れに呼応するようにして貴族の邸宅から一般家庭へと普及していきました。1727年創業の製陶所ロールストランドも当時重要な役割を担ったといいます。 第一次世界大戦終結後の1920年頃からは、スウェーデン国内でも各都市を基盤とした住宅ブームや建設ラッシュが進み、同時に「タイルストーブ」もセントラルヒーティングにその座を譲ることになるのですが、それまでのストーブ製造に当てられた時間と技術は、北欧陶磁器文化の土壌となったと言っても過言ではありません。 Den sevenska kakelugnen |1700-talets tillverkning från Marieberg till Rörstrand

Upsala-Ekeby 2

イメージ
北欧最古の大学が置かれた美しい古都ウプサラ。映画『サーミの血』では、主人公のエレ・マリャが、憧れとともに自身が生きるべき場所として思い定めた町。「ウプサラ」と彼女が声にするだけで、その可憐な響きとともにこの町は特別のオーラをまとっているようにも思えるのだった。 製陶所Upsala-Ekeby ABは、ウプサラの西部Ekeby(エーケビー)の地に1886年1月29日に創業された。当時スウェーデン国内では、極北の地層に永く蓄えられてきた粘土質堆積物を原資に、レンガ・タイルを製造する製陶所が数多く設立されていた。Upsala-Ekeby ABの場合は、粘土を多く埋蔵するこの地を農場として所有していたウプサラの名家の出資によって事業化されたのが始まりであったようなのだ。 『サーミの血』公式サイトより(https://www.uplink.co.jp/sami/#vod)

Upsala-Ekeby 1

イメージ
昨年の6月、スウェーデンの友人に誘われてダーラナ地方へでかけた時のこと。ストックホルムから北へ60kmほど車で走った道沿いに、“loppis(蚤の市)”という手書きの看板をかかげた古道具店があった。ここは、周辺から持ち込まれた品々を並べる委託販売店。さしずめ、北欧ヴィンテージを扱う小さな“道の駅”という感じ。 極北の、刺すような初夏の陽射しにも疲れていて、休憩も兼ね立ち寄ることにした。 店内には、様々なアンティーク家具や小物類とともに、古都ウプサラが近いせいもああってか、“ウプサラ-エーケビー(Upsla-Ekeby)”の、ちょっと愛嬌のある、独特のフェイスの陶磁器がいくつも並べられていた。 スウェーデンの陶磁器といえば、ロールストランドかグスタフスベリ。それに引き換え、ウプサラ-エーケビーは、注目されることが少ない気がする(おそらく日本では)。 この製陶所は、1880年頃創業して、100年後の1980年企業買収の末に廃業となったのだが、当時のままの作品群を目の前にして見ると、ある意味、スウェーデン手工芸の伝統を最も体現した製陶所ではなかったのかと思えてくる。 記念に購入したIngrid Atterbergのスクエアプレート

ARABIA物語

イメージ
フィンランドの首都ヘルシンキ、トラムの終着駅「Arabiankatu」に、アラビア製陶所の建物があります。もともとアラビアは、スウェーデンの製陶所ロルストランドがロシア市場向け製品を製造する工場としてこの地に1873年創業しました。レトロなARABIAの縦組み文字とチャコールの煙突がトレードマークのビルも創業当時のものだとか。 そして、1916年、フインランド国がロシアからの独立宣言を布告する前年、アラビアも新たな企業として独立を果たしました。 1932年には、フィンランド独自の芸術表現を目指し、所内に美術部門(Art department)が設立され、そのアートディレクターとしてクルト・エックホルム(Kurt Ekholm1907-1975)が就任。彼は様々な分野からアーティストを招き、アラビア独自の世界感を育てていきました。美術部門で活躍したアーティストとしては、例えば、ルート・ブリック(Rut Bryk1916-1999)やビルイェル・カイピアイネン(Birger Kaipiainen1915-1988)などが有名です。 また1945年には、カイ・フランク(Kaj Franck1911-1989)を招いてプロダクトデザイン部門(Product Design Department)を開設。日用食器のデザイン開発や製造ラインのリニューアル化によって、企業としての業績に貢献し、また、Kirta-Teemaを代表とするシンプルで機能美あふれる家庭食器の世界を切り開きました。 2009年DESIGNMUSEOから出版された「 ARABIA Ceramics/Art/Industry 」  2011年に訪れたアラビア製鉄所

北欧 本の世界へ

こんにちは。 不安定なお天気がつづきますね。 いかがお過ごしでしょうか? 1年近くブログを更新していませんでしたが、、 今後は「北欧 本の世界へ」というテーマで、 北欧の本や文化などについて 少し深掘りして書いていこうと思っています。 ただいま深堀り担当が準備していますので、しばらくお待ちください! イベントや入荷のお知らせなどは インスタグラム 、または フェイスブック にて ご確認いただけますので、 そちらもよろしくお願いいたします。

【イベントのお知らせ】北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ with 北欧ねこの絵本

イメージ
【イベントのお知らせ】北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ デンマーク、スウェーデン、フィンランドの懐かしくて素敵な絵本たち with 北欧ねこの絵本 として、本日4月25日(木)から5月16日(木)まで 谷中の「ひるねこBOOKS」さんにて、本のイベントを開催しています。 1940年代から70年代までのデザインの優れたヴィンテージ絵本の展示と、 関連書籍の販売をしています。 北欧ヴィンテージ絵本展としては2回目となる今回は、販売用のヴィンテージ絵本も多く取り揃えました。 また、絵本の1ページを額装したものや、そのシートのみもお手頃な価格にてお求めいただけます。 そのまま飾って、お気に入りの額に収めて、お楽しみいただけます。 さらに、スウェーデンの仕入れをしてくださっている方が現地の蚤の市でセレクトした アンティークポストカード、その他切手などもございます。 ゴールデンウィークにお近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。 場所:「 ひるねこBOOKS 」 ・ Blog   http://hirunekodou.seesaa.net/article/464799793.html    ・ Facebook   https://www.facebook.com/events/421337061967989/

【イベントのお知らせ】北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ

イメージ
【イベントのお知らせ】北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ デンマーク、スウェーデン、フィンランドの懐かしくて素敵な絵本たち with 北欧ねこの絵本 として、4月25日(木)~5月16日(木)まで 谷中の「ひるねこBOOKS」さんにて、本のイベントを行います。 フィンランドからは、 「ヌンヌ シリーズ」で知られているOili Tanninen – オイリ・タンニネンや、 「オンネリとアンネリのおうち」のイラストを描いたMaija Karma – マイヤ・カルマ、 陶芸家のHeljä Liukko-Sundström – ヘルヤ・リウッコ=スンドストロムによる絵本などを。 デンマークからは、 「さるのオズワルド」などで知られるEgon Mathiesen – エゴン・マチーセン、 Ib Spang Olsen – イブ・スパング・オルセンなど。 スウェーデンからは、 楽譜の挿絵などを手掛けたYlva Källström-Eklund - イルバ・ シェルストレーム=エクランド、 Elsa Beskow – エルサ・ベスコフは、ヴィンテージの大型本などを中心に。 その他、Aleksander Lindeberg – アレキサンダー・リンドベリや、 Tove Jansson – トーベ・ヤンソン、Jørgen Clevin - イェアン・クレヴィンなどの作品を展示・販売いたします。 少しですが、北欧ねこの絵本もあります! 詳しくは「ひるねこBOOKS」さんまで ・Blog  http://hirunekodou.seesaa.net/article/464799793.html ・Facebook https://www.facebook.com/events/421337061967989/

【イベントのお知らせ】北欧蚤の市 Loppis Poppis| アンティーク雑貨と本

イメージ
【イベントのお知らせ】 「北欧蚤の市 Loppis Poppis| アンティーク雑貨と本」として、 4月6日(土)~7日(日)の2日間、スウェーデンの蚤の市を開催します。 主にスウェーデンの蚤の市で買い付けたアンティーク食器や雑を販売。 場所は広尾のエラマブックスにて。 スウェーデンのイースターのお菓子〈セムラ〉の販売もある、かも? とのこと。 エラマブックスからは北欧本のプチセールを、 そしてオンラインショップの商品は消費税サービスにて販売いたします。 時間は両日共に11時から17時です。ぜひお越しください。 詳しくは: ・Facebook https://www.facebook.com/events/477058089498705/?ti=ia 開催場所: 株式会社シャレットヴィ内 エラマ・ブックス

【今週末より開催】北欧のヴィンテージ絵本展

イメージ
いよいよ今週末より、ひるねこBOOKSさんでの展示販売のイベント 【北欧のヴィンテージ絵本展】が始まります。 たくさんあるヴィンテージ絵本の中より、 迷って決めた作品の一部はこちら・・ 今週末の7日(土)より、19日(木)までです。 お散歩がてら、お越しください。

【イベントのお知らせ】北欧のヴィンテージ絵本展

イメージ
【北欧のヴィンテージ絵本展】として、 来月の4月7日(土)〜19日(木)まで 谷中の「ひるねこBOOKS」さんにて、本のイベントを行います。 スウェーデンのエルサ・ベスコフやポール・ストロイエル、 フィンランドのトーベ・ヤンソンなど日本でもファンの多い作品から、 ノルウェー、デンマークのまだあまり知られてない作品まで 1930年代から70年代頃の、古くて懐かしい絵本を展示いたします。 風合いのある用紙、独特な発色のインク、 個性豊かなイラストや暖かみのある丁寧な装丁。 そして年月を経ることで、その魅力がさらに特別なものとなっています。 併せて、関連書籍の販売も。 現在出版されている同じ作家の絵本を中心に、 美しいページを額装したアートなどの出品を予定しています。 最新情報は随時、更新いたします。 場所:「ひるねこBOOKS」https://www.hirunekobooks.com 開催期間:4月7日(土)〜19日(木 お問い合わせ:elama@charrette-vie.co.jp