投稿

Toini Muona トイニ・ムオナ

イメージ
本書は、フィンランドの陶芸家の  Toini Muona (トイニ・ムオナ 1904 - 1987 )の評伝であり、年代とともに氏の作風の変遷を見て取ることができる。初期はキュビズムの影響を受けた作風の陶器であったが、次第に流麗でアシンメトリーなフォルムの陶磁器へ移行。轆轤も習熟し、様々な燃焼法と釉薬の調合を研究し、 40 年代には、細長く曲線を描く花瓶や大皿を作成。人体に見られる曲線や自然造形の色彩からインスパイアされ作品制作を行ったという。  1948 年には枝葉をモチーフとしたデコレーションを開発し、この技法はタイルなどに使用され人気となった。同時代、ともにアラビア製陶所で働いた Kaj Franck (カイ・フランク 1911-1989 )も以下のように論評したという。“ no one could express the organically growing line, that flexible ascent of form, with more sensitivity than Toini Muona ” 本書でとりわけ印象的なのは、氏が 1940 〜 60 年代にかけて継続的に制作された鮮やかな銅紅釉、深い青銅釉の器類であり、見る者を圧倒する。 著者は、ヘルシンキ大学で美術・デザイン史を研究する Harri Kalha 氏。本書の他、フィンランドデザイン、陶芸作家評伝等著書も多数。   ちなみに陶芸家 Toini Muona (トイニ・ムオナ)は、 1923 〜 1926 年、 Taideteollisuuskeskuskouluun ( Central Shool of Arts and Crafts )モデルデッサン部門に在籍し、 1926 〜 31 年の間、同校附属の陶芸スタジオに所属し、イギリス由来のアーツアンドクラフツ運動への意識の高いベルキー人画家・陶芸家 Alfred William Finch の元で学んだ。 1931 年、アラビア製陶所入社、初期はデコレーターとしての採用だったが、 1932 年、ヘルシンキの Museum of Applied Arts で最初の個展を開催。個展は好評を博し Alfred Kordelin Säätiö より助成金得て、フランス、イタリアへ研究旅行の機会に恵まれる。以来、海外への研究旅行は、 193

心のアルマナック

イメージ
ある詩人が大切にしていた、心のアルマナック(暦)。 何よりも季節の力を生きている樹木や花々、土や鳥たち、陽ざし、空の色など、 私たちの日々の近くにあるものたちが放つ親和力によって、人は生かされている。 その意味では、そこにある息づかいを読むことが、すべての始まりなのだと。 本年も変わらぬご厚誼のほど、お願い申し上げます。 令和四年 元旦

Timo Sarpaneva ティモ・サルパネヴァ

イメージ
ガラスデザイナー Timo Sarpaneva (ティモ・サルパネヴァ 1926-2006 )は、 Tapio Wirkkala (タビオ・ヴィルッカラ 1915-1985 )、 Kaj Franck (カイ・フランク 1911-1989 )の次の世代として、フィンランドのガラス・デザインを世界に広める役割を担うべく登場した。 1926 年フィンランド・ヘルシンキ生まれ。 1940 〜 48 年 Taideteollisuuskeskuskoulussa ( the Central School of Industrial Art )のグラフィック部門に学び、 1949 年、同校を卒業。同年リーヒマキ Riihimäki グラスデザインコンペティションに参加、準優勝となり、このコンペ参加がガラスデザインを職業とするきっかけとなる。 1951 年には、 Iittala glassworks に採用され、デザイナー、アートディレクターとして、フィンランド・ガラスの現代アートの世界を切り開いてきた。 1953 年、グラス内に気泡空洞を作る蒸気吹き込み製法を用いたフラワーベース ORKIDEA3868 (オルキデア - 蘭)、 1954 年、レッドクリスタルのカットによる KAJAKKI3867 (カヤック)を発表。同年のミラノ・トリエンナーレでは、タビオ・ヴィルッカラ、カイ・フランクらの作品とともにグランプリを受賞。 1955 年、スウェーデンのヘルシンボリで開催された国際デザイン展覧会「 H-55 」にて展示されたフィンランド部門の作品群は、その美しさが賞賛された。 1956 年以降、アートピースを中心に発表してきたサルパネヴァだが、本格的に日常使いのプロダクトに挑んだ。 ROUND BIRD BOTTLES を含む、 I-LINJAN ( the I LINE SERIES )がそれで、 1957 年のミラノトリエンナーレで 2 回目のグランプリを獲得、世界的に注目を浴びる。サルパネヴァは、コレクション用に「 i 」のロゴもデザインしたが、そのマークは、以後〈 Iittala 〉社のブランドとして展開されることになった。 1960 年代に入ると、エレガントで繊細なスタイルの作風は一変し、氷のような表情をもつ FINLANDIA (フィンランディア)シリーズを考案する。

Nuutajärvi ヌータヤルヴィ社

フィンランドの本格的なガラス製造業はスウェーデン王国支配下の 18 世紀半ばといわれている。ヘルシンキからおよそ 150km 北西、ヌータヤルヴィ村に設立された Nuutajärvi  (ヌータヤルヴィ社)は、国内主要メーカーの中で最も古く( 1783 年)、当初、窓用ガラスやガラス瓶、家庭用のグラスなどを製造していた。 1850 年頃、他社に先駆けプレスガラス(型押しガラス)の生産を開始。 1850 年代後半には、中央ヨーロッパで流行していたヴェネチア様式のレースガラスの製造を開始した。 第二次大戦〜対ソ連戦争終結後、フィンランドデザインにとって大きな転機を迎えた 1940 年代後半、ガラスメーカー各社も、例えば Riihimaki (リーヒマキ社 1910-1990 )では、デザイナー Arttu Brummer (アルツ・ブルーマー 1891-1951 )、 Gunnel Nyman (グンネル・ニューマン 1909-1948 )、 Helena Tynell (ヘレナ・テュネル 1918-1993 )等が参画、 Iittala (イッタラ社 1881 〜)では、 Tapio Wirkkala (タビオ・ヴィルッカラ 1915-1985 )、 Kaj Franck (カイ・フランク 1911-1989 )が、そしてヌータヤルヴィ社でも、グンネル・ニューマンが参画し、各社ともに熟練の吹きガラス職人とデザイナーとの協業体制が次第に整い、フィンランド製グラスアートの世界が確立されていった。 残念ながらヌータヤルヴィ社では 1950 年に工場が全焼。再建のため、フィンランドの企業グループ Wärtsilä (ヴァルツィラ)が買収。このヴァルツィラ傘下の名窯 ARABIA (アラビア製陶所)で活躍していたカイ・フランクがアートディレクターに就任し、以降、彼のリーダーシップの元モダンで優れたプロダクトや数々のアートガラスが生み出された。 1952 年、 Saara Hopea (サーラ・ホペア 1925-1984 )をアシスタントとして起用。サーラがデザインした積み重ね型[タンブラー 1718 ]とともに、カイ・フランクのプレスガラス製[タンブラー 5023 ][タンブラー 2744 ]は、戦後の美しい日用品のシンボルとなった。 1963 年、 Oiva Toikka (

テキスタイル工房
Jobs handtryck ヨブス・ハンドトリュック

イメージ
美しく有機的な花柄を特徴とする手刷りテキスタイル工房 ヨブス・ハンドトリュック〈 Jobs handtryck 〉。この工房は、スウェーデン、ダーラナ地方シリアン湖の西、ヴェスタンヴィーク〈 Västanvik 〉村にあり、 Peer (ペール・ヨブス 1913-1989 )、 Lisbet (リスベット・ヨブス 1909 〜 1961 )、 Gocken (ゴッケン・ヨブス 1914 〜 1995 )の、 Jobs 兄弟姉妹を中心に 1944 年創業されました。 創業以前、 Lisbet と Gocken の姉妹は共に国立芸術大学( Konstfack )で教育を受け、ストックホルムに陶芸工房を開き、陶芸作家としてスタート。 2 人は 1937 パリ万博、 1939NY 万博に出品するなど現代陶芸作家としての地位を築き国際的な名声を得ました。 その後、第二次大戦とともに釉薬などの供給制限が行われ作品制作も次第に困難となってきた折り、 NK のテキスタイルデザイナーの奨めにより、陶芸で描いてきた様々な花柄のモチーフをテキスタイルに活かすこととなり、 Peer が仲間と立ち上げたシルクスクリーン工房の活動に深く参画して行きました。 ちなみに Lisbet は、音楽家の夫と二人の子供をもうけ 1961 年に急逝。 1940 年代の前半まで、陶芸活動が中心で、海外での作品展では高い反響を得て、『スウェーデンを代表する女性陶芸家』としても名前を残しました。一方、 Gocken は生涯独身で、数多くの作品をテキスタイルデザインとして世に送りました。ヨブス工房以外の作品依頼にも応じ、スウェーデンのテキスタイル業界で、さまざまな功績を残しています。 ヨブスの本をオンラインショップで見る >> elama.jp

Höganäs Keramik ホガナス・ケラミック

シンプルで温かみのあるマグカップ & ウッドソーサーが人気の製陶所「 Höganäs Keramik -  ホガナス・ケラミック」。   1988 年、 Boda ・ Noba (ボダ・ノバ)グループと合弁、 2002 年に iittala グループの傘下に。現在はフィンランドの Fiskars グループのラインブランドのひとつとなっていますが、もともとはスウェーデン南部スコーネ地方、北西の港町 Höganäs (ホガナス)にて 1909 年に設立されました。周囲は、古く鉱業地帯で採掘場が多くあり、合わせて良質な粘土も産出されたといいます。それらの資源利用による製陶業もさかんで、本製陶所は、 Andersson & Johansson という、二人の陶工・釉薬職人による工房としてスタートしました。 初期は、轆轤による素朴な生活雑器の生産・販売が中心でしたが、 1920 年代以降のスウェーデン近代工芸運動の流れに呼応するように、釉薬調合による美術工芸品の開発や、 Mette Doller (メット・ドラー 1925 〜)、 Hertha Bengtson  (ヘルサ・ベングトソン 1917 年~ 1993 年)、 Signe Persson-Melin (シグネ・ペーション・メリン 1925 〜)などデザイナーとの協業によってテーブルウェアの新境地を広げて行きました。 1967 年、企業規模の拡大もあり、二人の創業者のリタイアとともに社名も Höganäs Keramik AB へと変更。また、 1970 年頃には陶器生産からストーンウェア製造へシフトしました。現在、ヴィンテージ・ファンの間で人気の Old Höganäs は、ちょうどこの頃のストーンウェアが中心となっています。   ちなみにスウェーデン南端スコーネ地方は、海峡を間にデンマークを至近に捉え、歴史的にもデンマークの文化が深く浸透し、また、豊かな自然環境がひろがり夏の別荘地が数多く点在するエリアとなっています。 Signe Persson-Melin (シグネ・ペーション・メリン 1925 〜)や Lisa Larson (リサ・ラーソン 1931 〜)、 Ingegerd Råman (インゲヤード・ローマン 1943 〜)ら作家が自宅・アトリエを構え、ダーラナ地方と並ぶスウェーデン手工

Berndt Friberg ベルント・フリーベリ

  スウェーデンの陶芸家、 Berndt Friberg (ベルント・フリーベリ 1899 ~ 1981 )は、スウェーデン南部、窯業の町 Höganäs (ホガナス)で生まれた。陶工の家系であり、 13 歳の頃からホガナスの陶磁器工場で働き始め、以降 22 年の間、スウェーデン、デンマーク小都市の町工場に勤め、轆轤職人として技量を上げていった。 1934 年、グスタフスベリ製陶所に雇用される。当製陶所は、スウェーデン陶磁デザインの革新者であった Wilhelm Kåge (ウィルヘルム・コーゲ 1889-1960 )がアートディレクターを務める大手企業であったが、高度な轆轤技能を持つフリーベリの着任は、グスタフスベリ製品の品質を大幅に向上させ、また、コーゲに師事したことや様々な人脈形成によりフリーベリの作品自体も洗練の度を高めていった。 1944 年には同製陶所内に自らの工房を設立、一介の轆轤工が当代一流の陶芸家として遇されるようになった。この 1940 〜 70 年代、コーゲ、フリーベリ、さらにスティグ・リンドベリ( Stig Lindberg1916-1982 )が中心となり、グスタフスベリ製陶所は黄金期を迎えた。 フリーベリの作品は、細い頸を伸ばした端正な造形のヴェースや、優美に波打つシルエットの茶碗など高度な轆轤技術に裏打ちされたフォルムが印象的だが、同時に東洋の古陶磁にインスパイアされ、独自の解釈による釉薬の使用にも大きな特徴がある。 1948 年、 51 年、 54 年にはミラノトリエンナーレにて金賞を受賞。 本書は、 Ulf Hård af Segerstad (ウールフ・ホード・オフ・セーゲルスタード 1915-2006 : スウェーデンの美術デザイン史家、スウェーデン工芸協会が発行するデザイン雑誌 FORM 編集者)による、数少ないフリーベリに関する専門書であり、フリーベリ・ファンのマストアイテムともなっている。当時著名作家の多くがガラス、テキスタイルなど陶芸以外の分野にも活動領域を広げたのに対し、フリーベリは終生轆轤と釉薬調合を究め、結果、ガラスのような硬質さと日常の用にもふさわしい温もりを湛えた、北欧ならではの器の世界を世に送り出した。本書には、白衣姿で轆轤を操るフリーベリ自身の創作風景、様々な釉薬による表現手法が紹介されている。 この商品を

Signe Persson-Melin シグネ・ペーション・メリン

イメージ
Malmö (マルメ)の町を中心としたスウェーデン南端スコーネ地方。スウェーデンの“心の故郷”と呼ばれ、また隣国デンマークの文化・伝統も身近にし独特の風景を映しだしています。 Signe Persson-Melin (シグネ・ペーション・メリン 1925 〜)は、このスコーネ地方の町 Tomelila で生まれ、 Malmö を拠点に、スウェーデンとデンマーク、両国の手工芸の伝統文化を吸収しながらモダニズムへと昇華させた類まれな陶芸・グラスアート作家といえます。 氏は、 10 代の頃からすでに陶芸をこころざし、高校を中退して Malmö  近郊の鉢物工場で働きました。それがこの世界への第一歩となりました。 1944 年にストックホルムの KONSTFACK (現在の国立芸術工芸デザイン大学)に入学。戦争終結とともに、 1945 年コペンハーゲン芸術工芸学校に転籍し陶芸とガラスデザインを学びました。 1947 年夏にはデンマークの名窯 SAXBO にて設立者 Natharie Krebs (ナタリー・クレブス 1895-1978 )に師事。ここで、陶芸家が自らの工房で働く意味を理解したといいます。 また、その頃イギリスへ旅行しバーナード・リーチ工房を訪ね、韓国、日本の手工芸(民藝)の世界にインスパイアされました。また、ルーシー・リーの世界にも触れ、単調なストロークをベースとした洗練されたデザイン、テクスチャを活かす釉薬の活用法に新しい境地を見出したといいます。 1951 年 Malmö に自身のスタジオを持ち、 1953 年ストックホルム Galerie Moderne にてデビュー展を開催。その後多くの展示会に意欲作を出品し、 1955 年、スウェーデン手工芸協会主催の H55 展( Hälsingborgsutställningen1955 )にて錫釉薬の陶器とコルクを組み合わせたスパイスポットを出展、その機能美あふれる造形で一躍有名となりました。 1958 年には、北欧のデザイナーを対象とする最も権威のあるルニング賞を受賞。 以来、 BODA( ボダ ) 、 BODANOVA ( ボダノヴァ ) 、 RORSTRAND(RORSTRAND) 、 DESIGN HOUSE STOCKHOLM( デザインハウスストックホルム ) 、 HOGANAS KERAMIK(

エスポ―現代美術館 カイピアイネン回顧展図録

イメージ
フィンランドのセラミックアーチストBirger Kaipiainen (ビルゲル・カイピアイネン 1915 - 1988 )。氏の生誕 100 年を前にして、 2013 年 6 月~ 2014 年 12 月、エスポー現代美術館( EMMA )にて回顧展が開催されました。当時はヘルシンキからエスポーへ通じる地下鉄は なく、バスを利用して緑濃い針葉樹の森の街へ出かけたことを記憶しています。 GEEWEE という旧印刷工場をリノベしたモダンな建 物内に美術館はあり、フィンランド最大規模。カイピアイネンとはアラビア製陶所で同僚だった Rut Bryk (ルート・ブリュック 1916- 1999 )の作品を数多く収蔵しています。 本書のベロア調の装丁、見返しのスミレのモチーフ等は、氏の最愛の妻 Maggi Halonen (マギー・ハロネン 1918-1966 )への深い愛情 の表現。二人は、マリメッコ創業者 Armi Ratia (アルミ・ラティア 1912-1979 )を介して知り合いましたが、その結婚生活は 8 年という 短いものだったといいます。以来、スミレはカイピアイネンにとって作品の重要なモチーフとなりました。 1967 年、約 40 ㎡という巨大な壁画 Orvokkimeri (スミレの海)を完成させ、モントリオール博に出品。グランプリを受賞しました。 北欧ミッドセンチュリーを独創的な世界感とともに表現した陶芸作家 Birger Kaipiainen (ビルゲル・カイピアイネン  “1915 - 1988” )。 フィンランドデザインの最盛期と言われた 1950 年代の中心的アーティストとして、アラビア製陶所アート部門( 1954 ~ 1958 は、親会 社であるスウェーデンのロールストランド製陶所)を拠点に数々の話題作を世に出していきました。 1940 年代フィンランドは、ソ連との苛烈な戦争を経て、国民の犠牲、国土の割譲、産業の荒廃を乗り越え戦後を迎えました。その戦 後復興にアラビア製陶所等の製品輸出は多大な貢献を果たしたといいます。カイピアイネン自身幼少期の夏は東カレリアで過ごし、そ の当時の湖水周辺の豊かな緑と花々、野鳥の飛び交う風景の記憶が氏の創作の原点になったといいす。また、アラビア製陶所入社後の イタリアミラノへの交換留学により、モザイクで有名なビザ

Upsala-Ekeby 3

イメージ
1886年、Upsala-Ekeby AB(ウプサラ・エーケビー)は、スウェーデンの古都ウプサラ西部郊外に創業しました。初期、埋蔵された粘土によるタイル・レンガ生産から始まり、1900年に入ると、展示会に出品した「タイルストーブ」が注目を集め、次第に家庭用ストーブの耐熱タイル生産で業務を拡大。近隣の同業他社の買収を進め、一時はスカンジナビア最大のレンガ・タイルメーカーにまで成長しました。 ところで「タイルストーブ」といっても今や馴染みは薄く、北欧の古いレジデンスを訪ねると、部屋の片隅に、使われず鎮座した円筒状の炉を見かけることがある程度です。 一般的な暖炉の類は、煙突から立ち上る煙とともに熱量が8割方放出されてしまうのに対し、「タイルストーブ」は燃焼室の上に煙道を複雑に巡らす構造によって、室内を効率よく暖め、木材燃料が不足ぎみの北欧では格好の熱源となりました。 スウェーデンでは「kakelugn(カーケルン)」と呼ばれ、発祥は6世紀イタリア。「鍋」を意味するラテン語caucellusを語源とし、14世紀バルト海沿岸に広がるハンザ同盟諸都市を介しスウェーデンに伝播。その後、国内での国を挙げての改良と、都市化の流れに呼応するようにして貴族の邸宅から一般家庭へと普及していきました。1727年創業の製陶所ロールストランドも当時重要な役割を担ったといいます。 第一次世界大戦終結後の1920年頃からは、スウェーデン国内でも各都市を基盤とした住宅ブームや建設ラッシュが進み、同時に「タイルストーブ」もセントラルヒーティングにその座を譲ることになるのですが、それまでのストーブ製造に当てられた時間と技術は、北欧陶磁器文化の土壌となったと言っても過言ではありません。 Den sevenska kakelugnen |1700-talets tillverkning från Marieberg till Rörstrand