日本の美しいブックデザイン01



日本の書籍も素敵な装丁デザインのものが多いですね。

厚みのあるケースに美しい用紙やテキスタイルの上製本、薄い色用紙の見返し、

金色や銀色の箔押しのタイトル、など丁寧な作りです。



左より、1960年・武井竹雄「本とその周辺」、1982年・橋場文俊「山麓歳時記」、
1972年・小川国夫「静かな林」

Welcome to our online bookstore

Sunday bookroom