フィンランド、ミュージアムカフェの本
Kupillinen kahvia?




フィンランドは世界で最もコーヒーが飲まれている国の一つで、

一人あたり一日平均4〜5杯のコーヒーが飲まれているそうです。

国内には自国のコーヒーメーカーであるロバーツコーヒーやウェインズコーヒーなどのカフェがたくさんあります。

スターバックスがフィンランドに店舗を構えたのは2012年。

日本では1996年に銀座1号店をオープンしていますので、それと比べる遅い印象ですね。



これは最古の街、トゥルクにあるミュージアムカフェ「Museo Kahvila」の本。

コーヒーコレクターであるミカエル・アンダーソンによって設立されたミュージアムです。

展示されている貴重なパッケージなどとともに、フィンランドにおけるコーヒー文化が紹介されています。











Welcome to our online bookstore

Sunday bookroom