スウェーディッシュ・モダンの源流を訪ねて

Lilli & Prinsen|100 år av hemslöjd och textil konst

産業革命のうねり

18世紀後半、イギリスに端を発した産業革命のうねりは、ヨーロッパへアメリカへと押し寄せましたが、一次産業が主であった北欧諸国へは100年近くの時差をもって到達・浸透することとなりました。今にして見ると、その時差は、その後の北欧モダンを育むために必要な大切な猶予期間だったのではないかと思います。


スウェーデン手工芸協会

とはいえ19世紀後半、例えば、スウェーデン各地の農業生産者・手工芸生産者は、近代工業化の勢いに押されるようにして困窮を極めていきました。その状況に応じて、生産と販売を支援する手工芸運動も活発化し、なかでも1899年に設立された「スウェーデン手工芸協会(Föreningen för Svensk Hemslöjd)」は、伝統的な手工芸生産者の生活を支えることに貢献したといいます。


リリィとエウシェン王子

その中心的な役割を果たしたのがテキスタイルデザイナーのリリィ・シッカーマン(Lilli Zickerman 1858-1949)と、彼女を支え続けたエウシェン王子(Prins Eugen Napoleon Nikolaus  1865-1947)でした。リリィは、1910年〜1932年にかけてスウェーデン全土を歩き、各地の手工芸による織物を調査し、約24,000枚の写真からなる伝統的な民族織物の目録を完成させました。


伝統からモダンへの継承

二人の献身的な活動は重要な意味を持ち、伝統的なテキスタイルデザインは、時代の変革期を経ても毀損されることなく、現代に至るスウェーデッシュ・モダンの中に継承されていったと言っても過言ではありません。


王子の邸宅の美術館にて

本書は、スウェーデン手工芸協会連合会(Hemslöjdsföreningarnas Riksförbund)創設100周年を記念し2012年に開催された企画展の図録です。会場は、ストックホルム、ユールゴーデンにある王子の邸宅を美術館にしたプリンス・エウシェン・ヴァルデマシュウッデ美術館(Prins Eugens Waldemarsudde)。伝統とモダン、その両方のテキスタイル・アートを対比して眺めることもできる美しい一冊となっています。

Lilli & Prinsen|100 år av hemslöjd och textil konst

Lilli & Prinsen|100 år av hemslöjd och textil konst
シッカーマン・コレクション

なお、リリィによる目録内容は1937年出版の「Sveriges Folkliga Textilkonst (Swedish Folk Textile Arts)」にまとめられ、コレクションは、ストックホルムの北方民族博物館(Nordiska Museet)に収蔵されています。一部複製はKONSTFACK〈University of Arts, Crafts and Design〉に寄託されました。また、「ZICKERMAN COLLECTION」としてデジタルミュージアムでご覧頂くこともできます。詳しくは、下記へ。

https://www.konstfack.se/en/Library/About-the-library/Collections/The-Zickerman-collection/




この商品をオンラインショップで見る >> elama.jp


このブログの人気の投稿

フィンランドのデザイナー カイ・フランクの本
Kaj Frank|Universaaleja muotoja

ノルウェー、ベルゲンの絵本画家 レイダル・ヨハン・バルレ

蛸壺とライ麦固パン -カイ・フランクの書籍について

ヨブス姉妹がイラストを手掛けた楽譜本

ムーミンキャラクター図鑑 Muumiopas