デンマーク、器の世界 Danske STEL


Danske STEL 
 〜fra blå blomster til grove glasurer
デンマークのサーヴィス 〜 青花から粗い染付まで

伝統のロイヤル・コペンハーゲン、ブルーフルーテッドから、現代の、モダンで野趣あふれるグーリ・エルベックゴー(Gurli Elbækgaard)の器に至るまで、デンマークには、釉薬・染付探求の歴史とともに、多種多彩な器作家の世界がひろがっています。本書は、その世界を網羅的に知ることのできる数少ない一冊です。


55,000点に及ぶ器の寄贈

 

2010年、デンマークのCLAY陶磁器美術館(CLAY Keramikmuseum Danmark)はロイヤル・スカンジナビア・グループから、約55,000点に及ぶ歴史的価値のある食器アイテムの寄贈を受けました。

このグループには、ロイヤル・コペンハーゲンはじめ、デンマークで二番目に古い磁器製作所ビング・オー・グレンダール(Bing og Grøndahl)や陶器製作所アルミニア(Aluminia)が傘下にあり、寄贈の品々は18世紀後期から現代に至るまでデンマークのサーヴィスすべてを網羅するものであったと言います。



CLAY陶磁器美術館での企画展


CLAY陶磁器美術館では、これら寄贈の品々の展示整理を行った上、2021年に企画展「Danske STEL -fra blå blomster til grove glasurer(デンマークのサーヴィス -青花から粗い染付まで)」を開催。同時に本書が刊行されました。



歴史的な変遷に沿った20カテゴリー

 

本書では、様々なデンマークのサーヴィスが、歴史的な変遷に沿って20のカテゴリーで紹介されています。その概略をご説明します。



ロイヤル・コペンハーゲン創成期

 

1775年、王室後援のロイヤル・コペンハーゲン(王立磁器製作所)が開設されました。その第一号のデザインとなったのが「Musselmalet(ムースルメイルット:ムール貝)」※一般的には、Blue Flutedと呼ばれる古典的サーヴィス。

さらに「Blå Blomst(ブロ・ブロムスト : 青花)1779年」、「Flora Danica(フローラ・ダニカ)1790年」、ファニー・ガルデ(Fanny Garde)による「Mågestellet (モウステッル : カモメ)1892年」。伝統的美しさに優れ、今もなお多くの人々に愛されているサーヴィスです。


MusselmaletBlue Fluted)1775年

Flora Danica(フローラ・ダニカ)1790年

Mågestellet (モウステッル : カモメ)1892

現在ヴィンテージとして人気の高い1950年代

 

1950代以降のものとして、現在もヴィンテージとして人気の高いイェンス.H.クイストゴーJens.H.Quistgaard)の「Relief 1958年」、彫金作家アージー・グリース(Arje Griegst)による「Konkylie(コンキュリェ:巻き貝)1976年」など。Konkylie」は、製作上の難易度が高く、ロイヤル・コペンハーゲンでは短期間で廃盤となり〝幻のサーヴィス〟と言われています。


Relief 1958

Konkylie(コンキュリェ:巻き貝)1976


モダン&オーガニックの現代作品

 

近年のサーヴィスとしては、コペンの三つ星「ゲラニウム(Geranium)」など数々のレストランで採用されているグーリ・エルベックゴー(Gurli Elbækgaard)の器「Brugstingブロースティン : 便利なアイテム)2000年」。モダンさとオーガニックな風合いが、非常に現代的です。

また、ロイヤル・コペンハーゲン2000225周年の試作として、古典的初期デザインMusselmaletを新しい視点で再構築した「Blå Mega Riflet」があります。1974年生まれの若手デザイナーKaren Kjældgård-Larsenによるもので、テスト的にショーウィンドーに陳列した6枚のランチプレートは爆発的な人気となりました。


Brugstingブロースティン : 便利なアイテム)2000年



Blå Mega Riflet 2000年



この商品をオンラインショップで見る >> elama.jp

このブログの人気の投稿

蛸壺とライ麦固パン -カイ・フランクの書籍について

3人の"アアルト"のテキスタイル図案

フィンランドのデザイナー カイ・フランクの本
Kaj Frank|Universaaleja muotoja

近代照明の父 ポール・ヘニングセン